本文へ移動

食育

食育の目標

現在を最もよく生き、かつ生涯にわたって健康で質の高い生活を送る基本としての「食を営む力」の育成に向け、その基礎を培う。

食育活動

おすすめレシピ集

切り干し大根の味噌マヨネーズ和え

切り干し大根7g
煮干しだし20g
煮干し(だし用)0.3g
本みりん小さじ1
こいくちしょうゆ小さじ1
にんじん1/3本
きゅうり1/2本
食塩(塩もみ用)少々
マヨネーズ大さじ2と1/2
米みそ小さじ1
すりごま小さじ1
※大人2人+子ども2人分
【下処理】
・煮干し(だし用)さっと水洗いをし、ゴミを取り、水に浸しておく。                         火にかけ沸騰後、5分程煮出す。
・切干し大根  ぬるま湯で戻し、もみ洗いし、2~3㎝に切る。
・にんじん   線切りにし、茹でる
・きゅうり   消毒して、線切りにし、軽く塩をしてしぼる
【作り方】 
①切り干し大根はだし汁・本みりん・こいくちしょうゆで茹で煮て、 下味をつけ、汁をきる
②加熱した食材は、十分冷ます。
③マヨネーズ・米みそ・すりごまを合わせ、ドレッシングを作る。
④①・にんじん・きゅうりを③で和える。

焼うどん

食品名使用量食品名使用量
うどん2玉
しょうが
4g(1/3ヶ)
(チューブは小さじ1)
豚肉60g
かつおぶし
4g
かまぼこ20g
ごま油
小さじ1
玉ねぎ80g(1/2ヶ)
植物油
小さじ1
キャベツ80g(2~3枚)食塩
少々
もやし40g(1/5袋)清酒
大さじ1/2
にんじん60g(1/3本)濃口しょうゆ
大さじ1
青ネギ24g

※具材の量はお好みで増やしてください。
※大人1人・幼児2人分
【下処理】
かまぼこ、キャベツ、にんじん・・・線切り
玉ねぎ・・・薄切り
もやし・・・食べやすい長さに切る
青ねぎ・・・小口切り
しょうが・・・みじん切り

【作り方】
①ごま油と植物油でしょうが、豚肉を炒め、にんじん、たまねぎ、もやし、キャベツ、かまぼこ、青ねぎを加えてさらに炒め、食塩、清酒、濃口しょうゆで調味する。
②うどん、かつお節を加えて混ぜ合わせ、火を通す。

菜の花和え

食品名使用量
コーンホール缶60g
ほうれんそう(生)225g(1束くらい)
ごま油小さじ2/3
すりごま小さじ2
砂糖小さじ3/4
こいくちしょうゆ小さじ1と1/3
※いつもはいり卵が入っていますが、今回はコーンです。
※大人2人・幼児2人分
【下処理】
ほうれんそう(生)・・・茹でて水にさらし、1.5㎝くらいに切り、しぼる。
【作り方】
①加熱した食材は、十分冷ます。
②ごま油、すりごま、砂糖、濃い口しょうゆを合わせ、ドレッシングをつくる。
③ほうれんそうとコーンを②で和える。

マーラーカオ(中国風蒸しパン)

食品名使用量(g)食品名使用量(g)
鶏卵19ベーキングパウダー0.2
加糖練乳
4重曹
0.2
小麦粉(薄力粉)161.3
黒砂糖(粉)10こいくちしょうゆ
0.4


植物油8

【下処理】
鶏卵     ・・・     消毒し、割りほぐす
小麦粉と黒砂糖   ・・・  合わせてふるう
ベーキングパウダーと重曹・・・合わせて、水で溶く
加糖練乳   ・・・     缶を消毒する

【作り方】
①ふるった粉に加糖練乳、鶏卵を加え、力を入れてよく混ぜる
②植物油とこいくちしょうゆを加え、水で溶いたベーキングパウダーと重曹を加え、よく混ぜる
③アルミカップ又はバットに入れて、蒸し器で20分位蒸す
※材料はよく混ぜること(植物油が分離するため)

豆腐とチーズの卵焼き

食品名
使用量(g)
食品名
使用量(g)
鶏卵22木綿豆腐30
チーズ5たまねぎ15
にんじん15植物油2
食塩0.2トマトケチャップ5

【下処理】
 鶏卵・・・消毒し、割りほぐす
 木綿豆腐・・・水気を切って、つぶす
 チーズ・・・0.5㎝くらいの角切り
 たまねぎ・・・粗みじん切り
 にんじん・・・粗みじん切り

【作り方】
 ① 植物油で、玉ねぎ・にんじんをよく炒める。
   木綿豆腐を加えて更に炒め、合わせ冷ます。
 ② ①の中に鶏卵とチーズを加えて、食塩・トマトケチャップで
   調味する。
 ③ アルミカップに入れ、オーブンで焼く

ブイヤベース

食品名使用量(g)食品名使用量(g)
白身魚(そぎ切り)30白ワイン1.5
トマト30じゃがいも25
たまねぎ25にんにく0.2
パセリ1オリーブオイル1
150コンソメ0.5
食塩0.5こしょう0.01

【 下処理 】
 白身魚(そぎ切り)・・・流水で洗い、熱湯に通し、白ワインをふる
 トマト・・・湯むきし、1cm位の角切り
 じゃがいも・・・1cm位の角切り
 たまねぎ・・・1cm位の角切り
 にんにく・・・すりおろす
 パセリ・・・みじん切り

【 作り方 】
① オリーブオイルを熱し、にんにくを炒め、たまねぎ・トマト・じゃがいもを加えてさらに炒める。
② ①に水を加え、じゃがいもが煮えたら、コンソメ・白身魚を加え、火を通す。
③ 食塩、こしょうで調味し、パセリを入れて火を通す。

かるかん

材料(1人分)分量(g)

12
やまいも17
上新粉15
砂糖12
ベーキングパウダー0.3
4

【下処理】
・鶏卵を卵黄と卵白に分ける
・卵白を泡立てる
・上新粉・ベーキングパウダー・砂糖を合わせてふるう
・やまいもをすりおろす

【作り方】
①合わせてふるった粉に山芋・水・卵黄を加え、よくかき混ぜながら卵白を加え、さっくり混ぜる。
②アルミカップに生地を流し、蒸し器で蒸す。
  ※生地は何回かに分けて混ぜた方が良い
  ※水はやまいもの分量で加減する

さつまいもと柿のサラダ

食品名使用量(g)可食量(g)
さつまいも4238.2
1210.9
干しぶどう
3.53.5
きゅうり
食塩(塩もみ用)
1211.8
プレーンヨーグルト
55
マヨネーズ33
レモン汁0.70.7
食塩0.20.2
【下処理】
さつまいも・・・1cmの角切りにして、水にさらしアクをとり、茹でる
柿・・・消毒して種をとり、薄切りにする
干しぶどう・・熱湯に通す
きゅうり・・・消毒して1cm角に切り、軽く塩をしてしぼる
【作り方】
①加熱した食材は、十分冷ます
②プレーンヨーグルト、マヨネーズ、レモン汁、食塩を合わせる
③さつまいも、柿、干しぶどう、きゅうりを合わせて、②で和える

※配食直前に和える
※柿は種なしを利用するとよい
※アレルギー対応児には、マヨネーズの使用原材料を確認する

鶏の唐揚げ(にんにく)



食品名
使用量(g)
鶏肉(切り身)40
Ⓐしょうが
2
Ⓐにんにく0.6
Ⓐこいくちしょうゆ3
Ⓐ清酒2
片栗粉6
植物油(揚げ吸油分)3%(可食量2g)

【下処理】
しょうが  すりおろして、しぼる
にんにく  すりおろす
鶏肉    Ⓐに漬け込む

【作り方】
鶏肉に片栗粉をつけて、植物油で揚げる。

夏野菜のキーマカレー

食品名
使用量(g)食品名
使用量(g)
牛ひき肉11グリンピース(冷凍)6
豚ひき肉11トマト、カット(缶詰)
22
玉ねぎ22コーン、ホール(缶詰)
6
なす17植物油
1.1
にんじん11カレールウ5
ズッキーニ17トマトケチャップ
2.2
ニンニク0.6
22
【下処理】
・たまねぎ、にんじん、にんにく→みじん切り
・なす、ズッキーニ→1cmの角切り
・グリンピース→茹でる
【作り方】
① 植物油でにんにくを炒め、香りが出てきたら牛ひき肉、豚ひき
  肉を加えて炒める。
② ①に玉ねぎを加えよく炒め、にんじんを加えて更に炒める。
③ ②になす、ズッキーニ、水、トマト缶を加えて煮込む。
④ ③にカレールウ、トマトケチャップを加えて味付けし、グリン
  ピース、コーンを入れて火を通す。
  ☆ポイント☆
   アクをこまめにとりましょう!

トマト羹

材料名使用量(g)
トマト(完熟)23
砂糖5
粉寒天0,4
40
白ワイン1
レモン果汁1,5
【下処理】
 ・トマト→湯むきし、大きめに切る
【作り方】
① 湯むきしたトマトをミキサーにかけ、裏ごしする。
② 砂糖、粉寒天、水を火にかける。
  沸騰したら①を加えて再沸騰させ、レモン果汁、白ワインを加えて、火を止める。
③ 荒熱を取って、型に流し、冷蔵庫に入れて固める。
※白ワインは加熱してアルコール分を飛ばしましょう。
☆型はプリン型やアルミカップでもできますよ☆

〈ごまごはん〉1人分


幼児1人分
大人1人分
50g
75g
しその葉
0.5g
0.75g
すりごま
0.5g
0.75g
食塩
0.25g
0.38g
【作り方】
①米に水、食塩を入れて炊く。
②線切りにしたしその葉とすりごまを①に混ぜ合わせる。

〈豆腐と豚肉のみそ炒め〉1人分

〈豆腐と豚肉のみそ炒め〉

幼児1人分
大人1人分
豚肉
20g
30g
木綿豆腐
60g
90g
たまねぎ
30g
45g
にんじん
15g
22.5g
ピーマン
5g
7.5g
植物油
1g
1.5g
米みそ
3.5g
5.25g
本みりん
1g
1.5g
濃い口しょうゆ
1g
1.5g
【下処理】
・木綿豆腐→水切りし、さいの目に切る。
・たまねぎ→薄切り
・にんじん→短冊切り
・ピーマン→線切り
【作り方】
①植物油で豚肉、玉ねぎ、にんじんを炒める。
②木綿豆腐を加えて煮込み、ピーマンを入れて 米みそ・本みりん・濃い口しょうゆで調味しひと煮立ちする。

鶏の南部焼き(こども1人分)

準備するもの
・鶏肉 45g
・すりごま 0.5g
・しょうが 1g
・砂糖 1g
・清酒 1g
・本みりん 1g
・こいくちしょうゆ 3g
・ごま油 1g
・植物油 2g
 
作り方
①<下処理> 鶏肉・・・・・ごま、こいくちしょうゆ、清酒、本みりん、 砂糖、ごま油、しょうが汁を合わせて漬け込む。 
②オーブンに植物油をひき、鶏肉を焼く。

バナナケーキ(こども1人分)

準備するもの
・鶏卵 11g
・牛乳 4g
・小麦粉(薄力粉) 15g
・スキムミルク 5g
・砂糖 7g
・ベーキングパウダー 0.5g
・バター 4g
・バニラエッセンス 0.01g
・バナナ 48g
 
作り方
①<下処理>
鶏卵・・・・・消毒し割りほぐした後、牛乳と混ぜる。
小麦粉・スキムミルク・砂糖・ベーキングパウダー・・・・合わせてふるう。
バター・・・・溶かす。
バナナ・・・・消毒し、細かく切る。
バット・・・・植物油を塗る。
②ふるった粉類に、鶏卵と牛乳を混ぜたものを少しずつ加え入れながら、混ぜ合わせる。
③バターを加え、なめらかになったらバニラエッセンス、バナナを入れ混ぜ合わせる。
④バットに流し入れる。
⑤170℃~180℃のオーブンで焼きあげる。
※バナナは完熟を使用する。
※アルミカップに入れて焼いてもよい。

食育のねらい

○楽しい雰囲気の中で友だちや先生と一緒に食事をする。
○健康、安全など食生活に必要な基本的生活習慣や態度を身につける。
○自然のかかわりを通して、自然の恵みや、自然といのちの大切さを知る

望ましい子どもの姿

(1)お腹がすくリズムのもてる子ども 
(2)食べたいもの、好きなものが増える子ども
(3)一緒に食べたい人がいる子ども
(4)食事づくり、準備にかかわる子ども
(5)食べものを話題にする子ども
 
※ 奈多愛育園では食育における5つの子どもの姿を各年齢に応じた食育計画を立て、日々の保育の中で実施しています。
TOPへ戻る